ブログ

アイスランドのクリスマス その2

 

アイスランドにはクリスマスの言い伝えがあるそうです。
それは「クリスマスプレゼントに洋服をもらわないと、巨大ネコに食べられてしまう」と言うのです。
ちょっとびっくりです。
これは、国によって出てくる動物が異なっていて、例えばドイツだと巨大な牛に食べられてしまうそうです。
ノルウェーでしたら巨大なヤギに食べられるという言い伝えがあります。
それを避けるためにプレゼントには洋服を贈る人が多いようです。
このことから、アイスランドのクリスマスプレゼントは洋服が多いみたいですよ。
 
子供たちへのプレゼントですが、サンタさんが窓辺の靴に入れてくれるという習慣がありますので、みんな窓の近くに靴を置いています。
プレゼントは果物とかお菓子とか高いものはありません。
リンゴ1コ、チョコ1コなど、おやつのような感覚です。
悪い子にはジャガイモがプレゼントされるという言い伝えがあり、クリスマスのプレゼントをもらえるまで、子供たちはいい子にしているようです。
 
日本ではクリスマスプレゼントはイブの夜に枕元に置いておくということが一般的ですよね。
25日には早起きしてプレゼントを開けることが私もとても楽しみでした。
アイスランドの子供たちも早起きして靴の中を見ることが楽しみでしょうね。
 


 

関連記事

ページ上部へ戻る