ブログ

カマンベールチーズ


カマンベールチーズは、フランス北部ノルマンディ地方のカマンベール村が原産地で、日本でもおなじみの表面が白いカビで覆われているチーズです。
 
カマンベールという名前は、原産地であるカマンベール村に由来しています。特にノルマンデー地方で作られた昔ながらの方法(国で決められた基準)に従って作られたものは、「カマンベール・ド・ノルマンディー」と名付けられています。
 
18世紀末、フランスのノルマンディー地方カマンベール村の農婦マリー・アルレは、ブリーからやってきた修道士にブリーチーズの製法を教わり、その後、独自の白カビチーズを作り、そのチーズがカマンベールチーズだったようです。
 
カマンベールは、ナポレオンのお気に入りだったことで有名で、マリー・アレルがナポレオン三世に献上したところ、ナポレオンが大変気に入り「カマンベール」と命名したという説があります。
 
ナポレオンも愛したカマンベールチーズ。ペール・ノエルでは、熟成したカマンベールチーズを、ムースとスフレに仕上げた「ドゥーブル・カマンベール」をご用意しております。二つの食感をお楽しみください。


 

関連記事

ページ上部へ戻る