ブログ

マシュマロ


マシュマロの語源は、原料となった「ウスベニタチアオイ」という植物の英語名「Marsh mallow(マーシュマロウ)」に由来しています。
 
昔は、マーシュマロウの樹液に卵白や砂糖を混ぜて作ったものを「マシュマロ」と言いました。
 
現在では、マシュマロ=お菓子ですが、古代エジプトでは、王族がマーシュマロウの根をすりつぶして喉や胃腸の薬として用いられていたそうです。
 
ペール・ノエルのマシュマロは、喉や胃腸には効きませんが、コラーゲンが含まれていますので美肌づくりには効果ありかも!フワッとお口の中でとろけますよ!
 

写真:ピンクのマシュマロ


 

関連記事

ページ上部へ戻る