ブログ

マドレーヌの起源


マドレーヌの起源は、数多くの説があるようですがそのうちのひとつをご紹介します。
18世紀、フランス西部のロレーヌ地方を治めていた元ポーランド王の「スタニスラス・レクチンスキー公」がコメルシーという町で野外パーティーを開いていたのですが、菓子職人が料理長と喧嘩をして帰ってしまったそうです。
困った料理長は、手伝いに来ていたメイドの「マドレーヌ」がお菓子作りが得意との話を聞き、作らせてみました。
出来上がった黄金色の菓子は大好評で、これを大変気に入ったレクチンスキー公は、メイドの名前をとって「マドレーヌ」と名付けたそうです。
 
調べるといろんな説がありますので皆さんも調べてみてはいかがですか。
 

写真:プチマドレーヌ 5ヶ入


 

関連記事

ページ上部へ戻る