ブログ

外国のクリスマス その2

 


クリスマスが近づいてくると、クリスマスイベントで盛り上がっている様子がテレビでよく中継されますよね。
 
ニューヨークやラスベガスなどでは、新年のようにカウントダウンでクリスマスをお祝いするようです。
お祭り騒ぎが大好きな国民性なので、カウントダウンでは花火をやったり、クラッカーを鳴らしたりして大盛り上がりです。ちょっと羨ましいですね。
真夜中ですが、ツリーの前やイルミネーションの周囲で人が大勢集まって騒ぐのがニューヨークスタイルのようです。
 
イブの夜にこの盛大なカウントダウンイベントが終わると、その後は何をするのかと思えば、おうちでゆっくりとクリスマスを過ごすそうです。
日本では子供たちのプレゼントは、眠った後に枕元に置かれますよね。
世界中がそうだと思っていたら、どうやら違うようです。
 
ヨーロッパではクリスマスツリーの下にプレゼントを置いておきます。
25日の朝になったら、みんなでプレゼントを開封するのです。
日本ではプレゼントと言えば1人1個ですが、外国では2個、3個は当たり前のようです。
 
また、フィリピンのように宗教的にクリスマスをお祝いする国もあります。
半分以上の人がクリスチャンと言いますから、みなさん、お祭り騒ぎをせず、ミサに行ったり、宗教的なクリスマスを送るのでしょうね。
クリスチャンでなくても日本のようにクリスマスをイベント化している国は沢山あって、タイなど、仏教や儒教の国でも日本と同じようにツリーを飾ったりプレゼントを贈ったりしている国が多いようです。
こうして、宗教に関係なく、世界中でクリスマスを楽しんでいるということですね。
 
ペール・ノエルのクリスマスケーキでさらに楽しいクリスマスをお過ごしください。
 

写真:ブッシュ・ド・ノエル


 

関連記事

ページ上部へ戻る