ブログ

クリスマスとトナカイ

 


クリスマスは雪というイメージがありますよね。
サンタさんがソリに乗って冬の夜空を駆け巡るシーンが思い浮かびませんか?

日本の12月は冬ですから、私たちには誰でもクリスマスは雪とか冬とか言うイメージがあります。
これは当然のことなんですけど。
 
日本の場合はそうですが、では世界のクリスマスはどうでしょうか?
考えてみると寒い国ばかりじゃないですよね。
例えば、ニュージーランドのサンタクロースは、なんとソリではなく、サーフボードに乗ってやってきます。
そうです。
暑い季節にクリスマスを迎える国もあるのです。
国によってクリスマスの季節もいろいろとあるのですね。
 
クリスマスと言えば、トナカイを思い浮かべる方もいらっしゃいますよね。
クリスマスが近づくと、トナカイの衣装やツノのカチューシャも販売されています。
クリスマスの大事な脇役は、なんと言ってもトナカイたちです。
みなさんはトナカイの名前をご存知でしょうか。
ここでまめ知識です。
サンタクロースのソリを引いてくれるトナカイたちは、ダッシャー、ダンサー、プランサー、ヴィクセン、ダンダー、ブリクセム、キューピッド、コメットの9匹です。
そして先頭にいる赤鼻が「ルドルフ」です。
「真っ赤なお鼻のトナカイさんは・・」と言うクリスマスソングにも歌われていますよね。
よくクイズにも出題されるトナカイの名前、みなさんはいくつ、答えられるでしょうか。
 
クリスマスは、トナカイのデコレーションがかわいいペール・ノエルの「キューブ・ショコラ」で幸せ気分♪
 

写真:キューブ・ショコラ


 

関連記事

ページ上部へ戻る